ナレーションが発行する月刊誌 月刊インタビュー 同じ時代、同じ地域に生きる人の言葉を聞いてください。

月間インタビュー表紙

高野山真言宗第520世寺務検校執行法印就任記念弘法大師のお手代わり

高野山真言宗第520世寺務検校執行法印
飛鷹全隆大僧正 氏

2019年2月高野山真言宗総本山金剛峯寺において高野山内で営まれる主要な法会や儀式の導師を弘法大師の名代として取り仕切る第520世寺務検校執行法印に 高野山三宝院のご住職飛鷹全隆大僧正が就任される昇進式が執り行わた。西条市ご出身の飛鷹大僧正に高野山最高位・法印のお役職について、高野山から見る今の日本についてインタビューしました。

創立70周年新居浜文化協会

新居浜文化協会会長 篠原雅士 氏

新居浜市民の文化活動の母体となり、活動を支え、様々な取り組みで文化の発展に取り組む新居浜文化協会。70周年の節目をを迎え、活動に励む方々の発表の場を設けるとともに、様々な記念事業を行っている。その活動への思いや今後の展望について、会長の篠原雅士氏にインタビューしました。

小松史談会創立70周年

小松史談会会長 石丸敏信 氏

結成して70周年を迎えた小松史談会。石丸会長就任後、しっかりした組織作りを行い、楽しみながら歴史を学べるよう様々な工夫を凝らした事業が功を奏し、会員が倍増している。そんな中、70周年を迎え様々な記念事行を行い、参加者からの好評を得た。70周年の節目を迎え、歴史を探求し伝承する活動への思いや今後の活動について、会長の石丸敏信氏にインタビューしました。

今治市民吹奏楽団結成40周年

今治市民吹奏楽団
団長 越智幸一 氏
音楽監督・常任指揮者 文野明 氏

発足して40周年を迎えた今治市民吹奏楽団。その記念事業としてのメインイベント第40回定期演奏会が行われた。楽団のために作られたオリジナル組曲「しまなみ」の演奏をはじめ、40年前の時代を音楽で振り返りると共に、同じ今治の地域で活動する合唱団や保育園児とのコラボレーションで、音楽を通して老若男女一体となって盛り上がりを見せた。周年の節目を迎え、楽団に対する思いや今後の活動について、団長の越智幸一氏と、音楽監督で常任指揮者を務める文野明氏にインタビューしました。

地元の力で地元を感じるミュージカルを

四国中央ふれあい市民劇団
市民ミュージカル実行委員長 土谷浩也 氏
脚本・演出 山本淑子 氏

この夏四国中央市に文化の核としてオープンしたしこちゅーホールで、市民ミュージカルが上演された。しこちゅーホール建設地にあった「古井(こい)の池」を題材に、建設に至るまでの様々な市民の思いを織り交ぜながら、真新しいホールでこれからの文化の発展に夢輝かせた。今回が8回目となる市民ミュージカルの活動を導く、実行委員長の土谷浩也さん、 脚本演出を手掛けた山本淑子さんにインタビューしました。





ページトップへ