高野山真言宗第520世寺務検校執行法印就任記念弘法大師のお手代わり

高野山真言宗第520世寺務検校執行法印就任記念弘法大師のお手代わり

高野山真言宗第520世寺務検校執行法印 飛鷹全隆大僧正 氏

2019年2月高野山真言宗総本山金剛峯寺において高野山内で営まれる主要な法会や儀式の導師を弘法大師の名代として取り仕切る第520世寺務検校執行法印に 高野山三宝院のご住職飛鷹全隆大僧正が就任される昇進式が執り行わた。西条市ご出身の飛鷹大僧正に高野山最高位・法印のお役職について、高野山から見る今の日本についてインタビューしました。

2020年01月23日 高野山真言宗第520世寺務検校執行法印就任記念弘法大師のお手代わり はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 西条市

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

->