地域の宝!四国中央市指定文化財 安樂寺本堂

地域の宝!四国中央市指定文化財 安樂寺本堂

真言宗 大覺寺派 無量壽山 阿彌陀院  安樂寺  住職  横山弘明 氏

四国中央市の山間部、新宮町上山にある安楽寺の本堂が、装飾性の高い幕末期の建造物として高い評価を受け、昨年市の指定文化財に指定された。3年前に高野山から安樂寺住職として着任した横山弘明氏は宮崎県の出身。地元では当たり前の佇まいで見過ごされてきた安楽寺の素晴らしさに気づき、その宝を守り伝えるとともに、安楽寺を通じて地域の交流を図り、地域の活性化につなげようとお務めをされる横山弘明住職にインタビューしました。

2020年05月22日 地域の宝!四国中央市指定文化財 安樂寺本堂 はコメントを受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリ: 四国中央市

トラックバック&コメント

まだトラックバック、コメントがありません。


»
«

->